<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012年08月25日(土) by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - / - / - / -

CDお迎えにいってきました

 

110628_1156~010001.jpg


切ないぐらいに今日も綺麗な青空が広がっています。

朝起き上がった時には、今日CDを受け取りに行くのをどうしようかと躊躇しましたが、思い立ってやっぱり行って来ました。


PVやメイキングを見ていると涙が溢れてきてしまいます



CDショップ勤務のお友達がお知らせくださったところ、メーカーサイドとしても現在の段階で、龍太郎の着信ボイスが外れることになるのか、また、キャンペーンの賞品であるDVDに龍太郎の出演があるのかどうかについては不明だそうです。

(先ほど、私がボイスをダウンロードした段階では、龍太郎も含めた10人のボイスがダウンロード可能でした。)

VTRでWS等への出演が予定されていたものも現在の様子では放映については不明なようです。


ジャニーズショップへ行かれたお友達によると写真やグッズはまだこれまで通りの様子だったようです。




また何かお聞きすることが出来、お伝え出来ることがありましたらエントリーにてお知らせをさせていただきますね。



裕翔のボイスについて気になってらっしゃる方もおられると思うので、ネタバレOKな方だけ続きへ。





続きを読む >>
2011年06月28日(火) by ひとみ [ Edit ]
cetegory : CD ALBUM / comments(9) / trackbacks(0) / -

SUMMARY2010 DVD感想part2

 
昨日の続きです。ほぼ裕翔ロックオンですが



・宏太くんと裕翔ペアの跳ね太鼓しか見ていなかったので、やっと他のペアの様子を見ることできました。本当に映像化されてよかった!

・打楽器で慣れてるためだろうけれど、スナップを使った裕翔の太鼓の叩き方が堂に入っていて素敵です。

・殺陣の場面も同じく、他のメンバーをしっかりと見る余裕がなかったので
涼ちゃんが大ちゃんを睨み付ける目力の迫力に初めて気付きました

・BESTが着用してる白いガウン風衣装、きっと7はみんなもうサイズが変わってるのでしょうね。
7が着てる2年前のSUMMARYの時の赤衣装も、もしかしたら当時のBESTのサイズのものかな?

・裕翔には剣士の役が絶対似合うと信じてます!
沖田総司とか似合いそう・・・心の声

・これだけの人数での殺陣は本当に息を合わせないと危険だろうなと、全体を見て改めて感じました。

・雄也に対抗していきがってる龍太郎の表情が可愛い

・涼ちゃんの背中にハーネスを取りつけてる姿もちゃんと映ってて良かった

・龍が退治される場面で龍の方へ腕を伸ばす姿と退治されてしまってうなだれる迫真の演技の姿の影も。

・Time
宏太くんはどの時点でこの演出を思いついたのかしら?
「君連れて・・・」の裕翔の顎をクイッと持ち上げる場面
2人の妖艶な姿をこんなに近くでとらえてくださって・・・ありがとうございます!!

・裕翔の見せ場、ムーンウォークロングバージョンとマイケルポーズ!

・DREAMERで振りの途中で前髪を触る仕草がなくなったのは、今となってはちょっと寂しいかも。
ここでもターン&マイケルな裕翔!

・ワンワンコーナー
涼ちゃんとかえでちゃんペアの掛け算が成功し、雄也を大ちゃんがいじる場面は1部の映像でした。

・久し振りに見るボタンちゃんと裕翔のコンビ

・大ちゃん「まさにワンダフルですね!」で光に絡んでいく様子も初見でした
裕翔がボタンちゃんに「なんかあの人言ってるよ」と話しかけてる映像が嬉しいです

・ボタンちゃんにエプロンをかけて遊んでる映像も!

・ボタンちゃんの1部での玉乗り映像
成功したボタンちゃんにスリスリしてる裕翔の優しそうな表情
ここもカメラマンさんありがとうございます!!

・案の定、裕翔が出て来た後の光のジャグリングで初見の技が(ごめんね!)

・ディアブロをうまくキャッチできた後の笑顔が可愛い

・JUMP BAND
裕翔のドラム以外のパートをじっくり見るのもやっぱり初めてです
息子が圭人のギターを弾く姿を見て「かっこいい」と褒めてくれました
チームストイックの熱い演奏に反して、癒し系な2人の演奏もGOOD

・真剣な表情で叩いてる合間にふっと見せる笑顔にキュン

・涼ちゃんの華麗なハンモックフライング
会場にこられても見られなかった方もいらしたはずだから、短くなってでもここへこうして残って本当に良かった!







感想でどうしてこんなに長くなっちゃうんだろ
明日には終わらせます





コメントが出来ないとお気遣いいただいてる方はどうぞお気になさらないでくださいね!
お時間のある時に遊びにいらしてください


大阪の参戦日を聞いてくださってる方。
大阪は4公演入る予定です。
参戦なさる方はいよいよ明後日ですね。



日曜日にかけてまた寒波が強くなるようです。
どうぞ皆さんもお気をつけください。





毎日たくさんのコメント、拍手、クリック、メッセージ、情報等本当にありがとうございます。
現在レスは失礼させていただいておりますが、励みにさせていただいています。
心から感謝しています

尚、ご質問はお受けしておりません。ご了承ください。

情報を引用なさる場合は、その都度、一言お申し出いただけたならありがたいです。
その際、出来ましたらURLもお知らせくださいますようお願いいたします。

非公式な内容やワーズの含まれているコメント(Youtubeに関するもの等も含む)、彼らのプライベートに関するコメントは非公開とさせていただきますので、あらかじめご了解ください。







今夜はおやすみなさい



皆さんに良い夢を・・・



裕翔 おやすみ


2011年01月14日(金) by ひとみ [ Edit ]
cetegory : CD ALBUM / comments(3) / trackbacks(0) / -

SUMMARY2010 DVD感想part1

 
多分書きたい!と思った時に書いておかないと、きっとこのまま書かないままになってしまいそうなので、少しだけ自分用に感想を・・・



レポは既にあるので、本当に感じたことだけ。



・ステージに登場するJUMP君たちの白い衣装
最初は右袖になびく長い布も、ボトムにプラスされたスカート状の布もなくって、ハーネスがあらわになっていたようですが、フライングにはこういう風を受けてなびく衣装の方が断然良いと思います!

・登場してすぐの場面
裕翔の歌詞や心情を、その長い手足で大きな振りやジェスチャーで表す動きが大好きです。

・ラップ部分「1.2.3.4・・・」で高く足をあげてステップを踏んでいた姿が映像になくって残念
でも「HEY!HEY!HEY!・・・」でUブロ方向で客席をいつものように煽る姿はちらりと映っていて満足です!

・ハーネスを取り付けてくれる高地くんとエアギターしていた姿もちらり

・”フライングする姿がみんなの中で一番素敵!”って思うのは担当さん皆さんがそれぞれ思っていても良いことですよね?
裕翔の右袖の長い布を腕をピンと伸ばして、綺麗に風になびかせて翔ぶ姿が最高に好きです。
今回のWINTER CONCERTの宇宙船上でマントの赤い裏地が綺麗に見えるように広げて立つ姿。
恐らくメンバーの中でこんな風に魅せてくれていたのは裕翔だけだったと思いますが、こういう衣装を綺麗に見せる技のようなものを彼は知らず知らずに身につけているのかも・・・(ターンの時にジャケットを綺麗に翻す身のこなしも
きっと衣装を作ってくださった方が凄く喜ばれるんじゃないかなとお友達とも話していました。
着地前に左右の腕を波打つような優雅な動きもちゃんと映っていて感激です!

・次の準備の為に一足早くはけてカウントダウンにいないことがやっぱり毎回残念


六連太鼓
・実際に会場で聞いていたときよりも更に声も姿もが男っぽく思えるのは・・・ただの盲目でしょうか
これだけの公演数を、毎回手加減なしで真剣に太鼓を叩き続けて・・・
途中テーピングしてる時期もあって心配しましたが、無事で本当に良かった。




タイムアップです
続きはまた明日に。





今夜はおやすみなさい




皆さんに良い夢を・・・




裕翔 おやすみ








2011年01月13日(木) by ひとみ [ Edit ]
cetegory : CD ALBUM / comments(6) / trackbacks(0) / -

2010TEN JUMP DVD感想part6


C26
MC

・雄也のおにぎり

このエピソードは雄也の良いところが現れてて、今見てもやっぱり良い子だなと思います

だってお母さんが持たせてくれたおにぎりを出先で広げて食べることって、二十歳の男の子にとってはとても照れくさくって、人目を避けて食べたり、結局出せないままで、食べずに持ち帰ってきてしまったりしそうですもの。

ちゃんと「もったいないから」って友達の誘いを断ってまで食べてくれるなんて、雄也のお母様は母親冥利につきると思います

「おにぎり〜♪」って嬉しそうに言ったり、具を教えてくれるときに自慢げに親指立てて見せるところは、裕翔の言うように二十歳にしては可愛すぎるけど

・「ちょっと”おかか”言ってよ」って言わせようとするSな裕翔

・照れちゃって恥ずかしそうな雄也が本当に可愛い

・光のエピソードもちゃんと入ってて良かった
レポをしてみても、やっぱり本人のジェスチャーや表情を見ながら話てるのを聞く方が担当さんは一番嬉しいはずだから

・そして最後に一番美味しいところを持ってちゃう龍太郎 GOOD JOB!


横アリ 
5月4日 鯉のぼりにサインしてる場面

・この日参戦していましたが、鯉のぼりにサインが入っているなんて知りませんでした。
もらえた方Wでラッキーでしたね

・鯉のぼりの風車をふ〜っと吹いてまわしてる裕翔
本番でも吹いてまわしてたよね




ステージでの公開記者会見

・この場面もこうして残って本当に良かった

・光の「週刊少年・・・」 「JUMP!」もバッチリ

・涼ちゃんのお誕生日の話題も
「パーティーしようよ!」って言った裕翔 ちゃんと実現できたのかな?

・大ちゃん「もちのろん」はどこか懐かしいような・・・(笑)

・17歳のメンバーと聞かれて、左手は鯉のぼりでふさがっていて、マイクを持ったままその右手を挙げてる裕翔

・裕「名づけて」JUMPING KISS



お葉書紹介コーナーpart4

・裕翔が読む番
下を向いて丁寧に葉書を読む裕翔
「情熱大陸みたい」に「まさにね!」

・お気に入り衣装の紹介は出来たら全員でそれぞれに選んだ物を紹介して欲しかったかも



C27
ちぃと涼ちゃんのスペシャルレポート
・ちぃのほっぺを掴みながら歩いて来る涼ちゃん
仲が良いからこそ出来ることなんでしょうね。

・「おったまげるだろうね」涼ちゃん語録

・お友達と言ってたのだけど、最近のロミジュリ手袋はお洗濯して使ってるのかな?(完全に主婦目線です

・幻になってしまった大ちゃんのクマのパーカー、せめて映像に残ってよかったね!

・デビューの時の衣装はもうさすがに着れないよね
みんな大きくなったから

・ロミジュリ衣装春バージョン「可愛いでしょ?」の涼ちゃんの言葉に頷けない私

・「TOP CHECKER」を聞きながら椅子に座りながら踊ってる裕翔
この曲が流れて、踊りながらはけるところも映像に残してもらいたかったな



C28
「Romeo&Juliet」

・この衣装は微妙だけど(ルーク・スカイウォーカーに見えちゃう)やっぱりこの曲は大好きです

・楽しそうに笑顔で踊ってる裕翔

・この日は”ツンツン”のおふざけがまったくなくって残念



C29
音で遊ぼう

・龍太郎と圭人の最後のハグも入れて欲しかった

・裕翔のドラム

・この日初登場のマイスネアも一緒だね

・ヘドバンしながら一心不乱にドラムを叩く裕翔
たぶんドラムシーンだけのDVDでも凄く満足しそうな私

・光のベースプレイの指先、しっかりと見れたよ!>私信

・アイコンタクトをとりあう光と裕翔の真剣な眼差し

・涼ちゃんと大ちゃんのダンスコラボも初めてしっかりと見ることができました


C30
「蜘蛛の糸」

・同じく雄也とちぃのコラボも、慧くんや圭人の演奏も耳では聞いていましたが初見でした

・クールにキメてる雄也もちぃもかっこいい

・上着を脱いでドラムを叩く裕翔
このスタイルがやっぱり一番似合うね

・ちぃと雄也のハイタッチ&ハグ


「♪t♪」ドキュメント

・時系列に沿ったドキュメンタリーな作りが2人の気持ちが最終日へと向かっていく様子とリンクしていてとても良かったです。

・横浜初日で失敗しちゃってちょっと凹み気味な慧くんと「ドンマイ!大丈夫 大丈夫!」と声をかける裕翔
楽器に携わる同じ立場として、失敗しちゃったときの気持ちはよく分かるよね。

・いざという時頼りになる宏太くん さすが

・宏太くんが失敗しちゃった横浜最終日
またもや「ドンマイ!」と宏太くんを励ましにいく裕翔

・「薮と光で」って、慧くん君はどこへ行っちゃったの


C31
「♪t♪」

・丁寧にピアノを奏でる慧くんと心を込めて歌う宏太くん

・アイコンタクトをとる2人

・無事終わって抱き合う2人
良かったね!最終日一度で見事成功したね

・「やあ〜今日は力んじゃいましたね〜」とやや反省気味な裕翔
そんな事なかったよ!最終日の君の想いもしっかりとこもっててとても素敵だったよ

・この日初めて聞いたタイトルがこんな素敵な表記だったなんて



C32

「NYC」


C33

「Dial Up」


C34

「ゆめのタネ」


C35

「勇気100%」





ここは担当さんたちにお任せして、明日はやっとDisc2へ












2010年09月30日(木) by ひとみ [ Edit ]
cetegory : CD ALBUM / comments(2) / trackbacks(0) / -

2010TEN JUMP DVD感想part5

 
C21
「Star Time」

・大好きな裕翔のソロパートからの始まり・・・

大好きな曲だし、裕翔の声が聞こえるだけで幸せだけれど・・・でも、ドラムのスキルアップももちろん良いけれど、出来ることならもう少しボイストレーニングもお願いしたいかも
バラードになると特に声の伸びや声量・・・色々気になります
歌手である以上上手なことに越したことはないから。

・バラードの時、胸に手を当てたり情感を込めて歌う裕翔の眼差しが好きです

・ライトのトーンを落とした会場に白い羽根が舞う様子が幻想的でとても素敵だったので、収められていて良かった

・「星たちの下で 歴史を刻む・・・」繊細な裕翔の声とアップ

・スポットライトが会場から天井へすーっとあがっていく光景


C22
「スクール革命」

・笑っちゃいけないんだけど慧くんの「学校で革命を起こしませんか?」を聞くと毎回ちょっぴり笑ってしまう私 慧くんごめんね!

・圭人の髪にしばらく付いてる羽根

・あちこちでファンサしてる裕翔

・リフター上で何にもつかまらずに両手を振る裕翔にハラハラしていました

C23
「太陽にLOVE MOTION!」

・「ズッキンドッキン!」でハートが飛び出すようなフリをしてる裕翔が可愛い

・この途中で龍太郎の投げたピンクのサインボール 実は、一緒に参戦していた龍太郎担のお友達の所へ飛んできた物なんです。

100516_2153~010001.jpg

ラッキーにキャッチされる方はいらっしゃいますが、こうして本人の投げてくれた瞬間が映像に残っているって凄いミラクルですよね
お友達はもちろん、私にとっても一生忘れられない思い出になりました。
素晴らしいミラクル本当に良かったね>私信


C24 
「FLY」

・ほら、この曲が流れた瞬間からテンションが俄然あがってるね一段とJUMPが多くなってる>裕翔

・弾みながら横へ拳を突き出すその姿、大好き

・圭人の髪から羽根を取ってあげる優しい大ちゃん

・JUMP!JUMP!JUMP!な裕翔

・ちぃの「涼介〜!」かっこいい!

・「強く・・・」からの裕翔のソロパート、出来れば歌い終わるところまでこの最後の声を伸ばす部分好きなのに〜

・裕翔の目線は常に上
少しでも客席に近づこうとしてる裕翔

・客席を煽ってる裕翔を見るのも好きだよ!


C25
客席登場シーンスタンバイ

・「ドロンあきちゃった」な大ちゃん

・全力疾走する大ちゃんや裕翔

・宏太くんはちょっと楽そう
これJr.コンで裕翔も乗ってたのと同じかな?

・大ちゃんを追い抜いてご機嫌な裕翔 やっぱり君は元気だね!

・ちょっとヘロヘロになっちゃってるちぃ

・「1位!」得意げな裕翔 咳払いしてるけど、息も切れてないんだね!紫のイヤモニを耳にはめながら客席に向かう裕翔の後姿

・大ちゃんはあの後クマのパーカーを着てたなんて、暑くてたまらなかっただろうね

・涼ちゃんにタッチしようとしてして席移動するファンの姿信じられない
スタッフさんしっかりとガードしてあげて
親子席立ち上がらないで


お葉書紹介コーナーpart3

・雄也「エンジン」って「円陣ね」と隣から優しく突っ込む光
「ブルン ブル〜ン!」って言ってるのは涼ちゃんかな?
「ブンブ〜ン!つって」は裕翔かな?

・「MC入れちゃおう!」と太っ腹なちぃの発言の陰に、まだ「エンジン」で食いついてるのはやっぱり裕翔?

・JUMPのマニアックなMC好きだよ







この分だとpart7で終われるかしら



2010年09月29日(水) by ひとみ [ Edit ]
cetegory : CD ALBUM / comments(0) / trackbacks(0) / -

2010TEN JUMP DVD感想part4

 
C15
続き

・「京セラのフルーツも美味しかったね」の裕翔に「美味しかった!ま〜いう!」と答える涼ちゃんの流れ

・バクステにBEST登場!

・いつものダサBESTの時と違って凛々しい慧くん

・最初からネクタイが外れてる雄也

・後半の衣装の乱れが信じられないくらいきちんと着れている大ちゃん

・百面相してるお茶目な光

・とっさに「横浜 I Love you」って言っちゃた宏太くん

お友達たちの検証の結果を色々と教えてもらって、このコーナーかなりリピしてみました
スクールデイズの衣装の下には間違いなくス・リ・ルの衣装が見えてるんですよね。
先日のMyojoで、この時のトラブルはス・リ・ルの照明のトラブルの為に曲順が変更になったと明らかになりましたが、一体どの時点で変更がBESTに伝えられたのか・・・

メインステで涼ちゃん「でも、あれはしょうがないよ。かっこいいもん」
裕翔「そうだね」とやりとりしてる間のBESTに少し動揺が見られるこの瞬間にどうやら曲順変更が伝わってきた様子


C16
「スクールデイズ」
・曲が流れ少し動きに戸惑いが見える雄也

・移動していく向きを間違えたのか雄也に「そっちだよ」と押されてる大ちゃん

・メインステ側の7のダンスが入っていないのはちょっぴり残念
(この公演以外では)ダサBESTに対抗する感じでかっこいい7というイメージで踊っていた事を覚えてます

・トロッコに乗って衣装の裾をなびかせながら手を振ってる裕翔が王子様に見えます

・トロッコから降りてすぐにメガネをかけ光と向かいあいステップを踏む裕翔

・他のペアのダンスを初めてみました


・裕翔と光のいつもの独特な足の動き・・・見覚えがあるんだけど誰だっけ・・・?思い出せない

・ちょっときょどってる裕翔の振りが遠くに見える

・汗を撒き散らしながらの華麗なマイケルターン収録されてて良かった

・トロッコでの立ち姿がモデルのような宏太くん

・手押しトロッコ風になってマリオな裕翔
ヒュンと背を真っ直ぐに伸ばして立つ立ち姿も綺麗です


C17
「Score」
・この歌い始める直前、BESTのみんなはきっとドキドキだったんでしょうね

・圭人と裕翔のノリノリな「B! E! S! T!」
この場面の圭人は圭人担さんへのサービスショットですね
(裕翔の二の腕もそうですね

・龍太郎と裕翔のカメラ目線のScoreも可愛い
途中から絡んでくるラッパーちぃの動きがちょっぴりユニーク

・涼ちゃんと圭人のScore
テンション高めの2人が最高です
その後ろで我関せずで髪を触ってる裕翔
ちぃは体を揺らして歌ってるし、龍太郎は椅子に座ったまま熱唱してるのに

スタンバイに立ったのかと思いきや、スタッフさんにいたずらしたのか慌てて逃げてる姿が後ろに見えます

・いつの間にやらネクタイが取れかけてる大ちゃん
気付いた時には下に着てるスリル衣装が見えててネクタイが2本の状態になってる大ちゃん
それを必死で隠そうとしてる姿がけなげです。

・お友達が言ってたように、宏太くんの「せ〜の」から全員での「ありがとう〜♪」の箇所の5人が「やりきったぞ!」っていう達成感いっぱいの表情に見えます
頑張ったね!BEST!


C18
不思議な夢の世界

・大ちゃん「どないしたらええんや〜?」の関西弁に若干の無理が

・人形ダンスの圭人のあっかんべえ〜はDVDで初めて気付きました。

・「遊びたい〜」で駄々をこねる裕翔、ちゃんと入ってて嬉しい

・中田くんのボケに突っ込みが出来ず言葉に詰まる慧くん

・バックからどんどんメンバーが増えていき10人で踊るシーン

裕翔がジャケットやベストを翻したり、ちょっとした振りの中に取り入れる技大好きです


C19
「真夜中のシャドーボーイ」
・モニターの裕翔とリアルな裕翔のWコラボの「シャドー?」からstart!

・天国コンの辺りではこの曲がちょっとしたおふざけ曲になっていたけど、このTEN コンではクールにキメていました。

・せっかくのムーンウォーク・・・微妙

・再び裕翔アップの「Shadow?」ありがとうございます



C20
横浜アリーナ

JUMP BANDリハーサル
・帽子を目深に被ってもくもくとドラムを刻む裕翔

・リハーサルの時のそのままの姿の方もみんなクールでかっこいいかも

・ちぃの謎のジェントルマンの歌

・みんながパジャマ姿でスタンバイしてる時に聞こえてくるスプレーの音は動きからすると裕翔かな?ポンパを固めてた?

・「おばけの声で」大ちゃんと慧くんと一緒に謎の実験をしてる裕翔

・圭人「明日学校!」裕翔「うえ〜い!俺も!」リアルな高校生の姿が。

・光「円陣やろ」宏太くん「エンジンつけようぜ!」密かにダジャレ(笑)

・ネイルしてる指で指しながら「誰かいない♪」って歌ってるのも裕翔かな?

・円陣解散後宏太くんや慧くんと盛り上がりながら「よっこはま!よっこはま!港・・・」で一旦途切れてしまったように見えたのに・・・
でも、最後にちゃっかり「港の見える丘公園」って・・・そこまでの間言いたくて仕方がなかったんだね裕翔

・演歌チックに歌うちぃ(笑)





お友達のミラクルのお話も早く書きたいのですが、続きはまた明日に・・・




毎日チャプター5ずつしか進めないって




2010年09月28日(火) by ひとみ [ Edit ]
cetegory : CD ALBUM / comments(0) / trackbacks(0) / -

2010TEN JUMP DVD感想part3

 

C11
代々木公演初日 記者会見

・この日には私は参戦していませんでしたが、2日後の参戦した4日もとても肌寒かったことを覚えています。

・この日参戦された方でもあいにくこの会見を見れなかった方もいらっしゃるので、こうして会見の様子を収録してくださってとてもありがたかったです

・個人的にはこの日のビジュアルがとっても好きです
裕翔本人もポポロでこの衣装気に入ってるって言ってたけど、本当に似合ってます

・会見の合間合間に裕翔の声

・Happy birthdayをみんなに歌ってもらって恥ずかしいのか座り込む圭人が可愛いです。
そんな圭人をさりげなく立ち上がらせてあげてるちぃが男前

・雄也がBESTとお誕生日に食事に行ったエピソードを聞いて「幸せもんだな〜」って言ってるのは裕翔だね

・会見の途中なのに体を揺らしてリズムをとってる裕翔

龍太郎の「15歳」を聞いてしみじみ「15!」って言ってるけど、この時点では君はまだ16で大してかわらないよね

・大ちゃんが「4月15日で・・・」と答えてるところに「15歳?」と突っ込みを入れる雄也のこのタイミングがNICE

・場面変わってメイク中のメンバー達  一番奥に見えるのっぽくんは・・・

・光くんのリーゼント風のヘアに「横から見たら超かっこいい!」って声は裕翔だね。

・慧くんの綺麗な指が・・・

・光にネイルシールを貼ってもらう圭人の横顔が綺麗で女性のよう

・「言っちゃいけないかもしれないけど、マジテになっております」とサービス精神旺盛に話してくれる裕翔
そこはオシャレに”ベルクロ”じゃないんだね

・ちぃの”ボチボチ”のダジャレ

・イヤモニのエピソードを優しく話してくれる大ちゃん
イヤモニを持つみんなの指先が綺麗

・初日の円陣もニコニコな裕翔



C12
おもちゃとDANCE!

・お願いだから、せっかくのキメ顔はしっかりと映してから暗転してください

・抱っこちゃん人形と宏太くんのkissになぜかドキドキ

・眠ってるBEST 光と慧くんがほぼ同じようなポーズ

・裕翔にくすぐられてもまったく動じない慧くん
確か名古屋とかでは身をよじってたのに、この日はくすぐったくなかったのかな?



C13
「S.O.S」

・さりげなくムーンウォークで移動してる裕翔
そしてシャドボの時よりこの時の方がなぜかスムーズに見える気が

・裕翔のラップ収めてくださってありがとうございます

・宏太くんロボと7の絡み大好きです

・ちぃまた靴紐が

・宏太くんの汗でくっついた髪をそっと指で外してあげる涼ちゃん

・ノリノリな宏太くんを止めるBEST

・裕翔しか見てなくって当日見れなかったベソをかいてる涼ちゃんとその手を引っ張って走る男前な龍太郎

・最後の裕翔のラップもしっかり入っていて幸せ


C14

お葉書紹介コーナーpart3
・龍太郎の読む葉書を一緒に覗きこんでいる裕翔の長い睫毛


名古屋会場
・ギターを弾いてる圭人とその向かいにギターを抱えて座ってる裕翔の後姿
裕翔も弾いて弾いて

・雄也と大ちゃんの八乙女フェイスパクリ疑惑でもめてる後ろで裕翔の笑い声

・裕翔がヘアセットする後姿
他のメンバーには母目線になっちゃうのに、キュンとするのはなぜ??
スチームアイロンを使うって、裕翔の髪はやっぱり相当手強いのね

・”どえりゃ〜好きだぁ”のプレートこんなに大きかったのね

・スペレーを振ってる裕翔の何気ない表情

円陣
・「Hey!Say!JUMP in Nagoya!」
「energy!」
と、英語風に発音してるややテンションの高い裕翔

フルーツを持って登場する7
ずっと紫のぶどうだったのに、この公演だけマスカットでした。
「このマスカット・・・まずかった・・・」

・「さあ山ちゃん」
と、無茶ブリに弱い涼ちゃんに振るSな裕翔



C15
「輝きデイズ」

・この曲の振り可愛くてかっこよくって大好きです

・エアドラムする裕翔






ひとまずここまで








2010年09月27日(月) by ひとみ [ Edit ]
cetegory : CD ALBUM / comments(3) / trackbacks(0) / -

2010TEN JUMP DVD感想part2

 
4日も放置になってしまっていたDVD感想の続きを


C6

お葉書紹介コーナーpart2
・大ちゃんの読むお葉書を覗き込む慧くんがまるで女の子みたい

・大ちゃんがお葉書を読む合間合間にラジオと同じように相槌をうつ裕翔の声が聞こえます

・宏太くんの「リハ、でも俺らゆる〜い感じだけどな」の”ゆる〜い”の言い方がなんだかツボでした
そして、その言葉に反応して「まあ、やるところはやって!みたいな」と裕翔の声

・大ちゃん「クマがなんかちっちゃく見える」の言葉に「お前がおっきくなったんだよ」と答える光とのやりとりが微笑ましいです。

・スクールデイズの部分での打ち合わせをしている裕翔
この日どうして裕翔だけがメガネを用意していたのか未だに不思議です。
でもあのメガネ姿を最後まで見せてもらえて、裕翔担はちょっとお得な気分
みんなも着ければよかったのに
裕翔がこの時着てるwonder bear、夏に一緒に買い物に行った時に息子は見かけていたらしいのに、私は気付かなくて
既に生産終了のようで残念です

・移動する途中でカメラに気付いてお茶目な走り方をしてみせてくれる裕翔

・真剣な顔で打ち合わせをするメンバー・・・と思ったら、真剣な圭人やちぃや裕翔の後ろで笑顔で拳を挙げてる光と慧くん(笑)


C7

「冒険ライダー」
・「冒険ライダー〜!」って煽ってる声は裕翔だね

・楽しそうにエアギターをしてる裕翔

・メンバーによく冷やかされる投げchuのシーンがしっかりと

・ウチワのマナー違反の多さ私の前の方なら間違いなく肩を叩かせていただきます


C8
ゴーストダンスのリハーサル
・このDVDの中でかなり好きなシーンです
髪型もこんな感じが一番好きかも
動くたびにバサッと顔にかかる感じも・・・身のこなしも・・・
この場面だけは何度見ても視線はlock on
だから涼ちゃんのジャージにも気付かなかったのね

・ロミジュリの時はやっぱりレッスンでもニコニコなんだね

・TO THE TOPで体が斜めになるほど勢いよく走ってるメンバーが約1名
でも途中で勢い余ったのかフェードアウトしちゃって帰って来ないのはなぜ〜

・BESTのス・リ・ルのリハ中に「7確認。輝きデイズ確認・・・」って声はサンチェさん?

・シャドボのダンスの途中でカメラに気付いて唇を尖らせて変顔してみせる裕翔

・マイクの代わりに紙を筒状に丸めたものを持ってるメンバーがチラホラ

・ちぃの「本番もちゃんと見ろよ!」が男の子っぽくってキュン


C9
「瞳のスクリーン」

・険しい表情で歌う裕翔をこんなに間近にとらえてくださって、カメラさんありがとうございます!


C10
「Endless Dream」

・アルバムに収められていないこの曲がフルで入っていることが最高に嬉しいです

・この曲3度目のソロパート
「何度も蘇らせるでしょう」の途中でフリが大きくて(?)マイクが離れちゃう裕翔
でも生声なんだって事がはっきり分かるよね

・残念ながらムーンウォークがないパフォーマンスだけど、4度のソロパートとアップで最高に幸せです




結局今夜もここまで
まだまだ先は長そうです





タイムショックでJUMPのメンバーの人数が問題で出て、アンジャッシュの渡部さんたちどなたも不正解だったようですね(お知らせくださった方たちありがとうございます)
ユニット名は知ってらしても、メンバーの人数まではまだ浸透していないのでしょうか?
もっとたくさんの方たちに10人組の素敵なユニットの事を知っていただきたいですね




明日はNEWS in 東京ドーム初日ですね。
取材が入るようですが、JUMP君たちは観覧に誰か入るかしら?とちょっぴり期待しています



3周年目の記念日をメンバーはどう過ごしたでしょうね?

素敵な1日を送れていたなら良いですね







みづきさん

菜っぱさん

ちぃ介さん

めぐさん

空さん

みきさん

まいこさん

sachiさん

あやかさん

夏実さん

しかうてママさん

まい★さん

山田Loveさん

やよいちゃん

ひーちゃんさん

優李さん

そらさん

れなさん



ありがとうございました!






毎日たくさんのコメント、拍手、メッセージ、クリック、情報等本当にありがとうございます。



現在レスは失礼させていただいておりますが、全て楽しみに拝見し、励みにさせていただいています。

心から感謝しています


情報を引用なさる場合は一言お申し出いただけたならありがたいです。






今夜はおやすみなさい


皆さんに良い夢を・・・









裕翔  おやすみ




2010年09月25日(土) by ひとみ [ Edit ]
cetegory : CD ALBUM / comments(5) / trackbacks(0) / -

2010TEN JUMP DVD感想part1

 
そろそろDVDの感想などを・・・

コンサート自体はレポをあげていたので、DVDとして見て気付きた点などについて。



C1 

・まずはファンのパワーに圧倒されちゃいました
いつもこんな中に紛れ込んでるんだ・・・私

・バンから降りてくるメンバー達
ちゃんとキャップを外してご挨拶する裕翔 偉い
そういうのとっても大事だと思ってるので、裕翔がきちんとキャップを外してくれて嬉しかったです
私服はいかにも裕翔らしいイメージのコーディで、とっても似合っています

・ヘアセットをしてるメンバーの姿は、普段の息子たちの後姿とまったく同じような様子で、母としては微笑ましく思いました。

・入場口でチケットを手渡してる映像を見ただけでドキドキ

・唇を少し尖らせながら、ネイルシールを自分で貼っている裕翔
きっとこういう細かい作業、意外と好きそうな気がします

・慧君の指にシールを貼ってあげてる光
やっぱりお世話好きなのね

・パジャマ姿でストレッチしている裕翔
開演前はいつもこうしてストレッチしてるのかなあ〜
そんな後姿にもプロ意識を感じます。

・「ラスティン」の円陣
手前から聞こえてくる裕翔の声にキュンと反応してしまいます
けど、ほんっとになんてゆる〜くて可愛い円陣なんでしょ


C2

・「Hey!Say!JUMPの中島裕翔く〜ん・・・」
この場面を見ると春の記憶がはっきりと蘇ってきます
この日当日も思ったけれど・・・裕翔のヘアセット・・・微妙
個人的には代々木でのヘアスタイルが一番好きかも

・次々に画面に現れるメンバーを見てるファンの方たちのキラキラの笑顔を見てるだけでウルウルしそうになってきます


C3

OVERTURE
・いよいよオープニングやっぱり流れが分かっていてもワクワク

Dreams come true
・このオレンジとグリーンの蛍光カットーソー
お友達との先日の遠隔観賞会で、「慌てて用意してきた衣装みたいだよね」と語っていたのですが、最終的には「汗っかきの涼ちゃんたちの為に開発された特殊な繊維で出来てる特注品だよ」という結論に

・SUMMARY会場で何度も見た、センター花道を走りぬけるメンバーの姿
迫力も躍動感もあって、やっぱり大好きな場面の1つです。


C4

お葉書紹介コーナーpart1
・この映像、きっと会報の撮影と同じ日ですよね
光と裕翔のポンパコンビ

・「ありがとうございま〜す!」と真っ先にお礼を言う裕翔
きっとラジオで投稿者の方にお礼を言う流れがしっかりと身についたんだよね
偉いよ

・お葉書を全員で選ぶ場面で、ちぃが裕翔の背中に乗っかりながら「みんなでっかいからさ〜、見えないんだよ」って顔を出して言ってる場面が可愛い

・宏太くんの慧くんセクハラ発言(笑)

・ファンからの葉書を丁寧に読みあげる光や涼ちゃんが好印象です。
そして、決断力のあるちぃ


C5

「トビラの向こう」
・涼ちゃんのベストが肩から落ちてるのがなんとも言えず可愛い

・裕翔が歌いだしを忘れていた回があったんですが、ちゃんと歌ってて安心したことを思い出しました

・ウチワのマナー違反の多さに

・やっぱり楽しそうに歌ったり客席に応えている裕翔を見ていると幸せになります





とりあえず今夜はここまでで。

この調子だとかなり長くかかりそうな気が





蒼衣さん

くーみんちゃん

寺さん

やよいちゃん

由里さん

seraさん(いつもありがとうございます。いつか雑誌などで本人達からのエピソードを聞きたいですね♪)

このちぃさん

もっちさん

れなさん

(^o^)/(^o^)/さん

中島宇稀さん

菜っぱさん

優李さん

ともみさん

ほしさん(私がわかる物はBEAMSのものです)



ありがとうございました!






毎日たくさんのコメント、拍手、メッセージ、クリック、情報等本当にありがとうございます。

現在レスは失礼させていただいておりますが、全て楽しみに拝見し、励みにさせていただいています。

心から感謝しています

ご質問は普段お受けしておりません。ご了承くださいね。





今夜はおやすみなさい


皆さんに良い夢を・・・






裕翔  おやすみ







2010年09月20日(月) by ひとみ [ Edit ]
cetegory : CD ALBUM / comments(3) / trackbacks(0) / -

JUMP NO.1

 


100708_1432~0100010002.jpg



窓から見える入道雲が夏に近づいてることを感じさせてくれます。


そしてもう1つ、夏の到来を感じさせてくれてるのは、JUMPくんたちのアルバム JUMP NO.1



今や車の中でも、家の中でも絶賛ヘビロテ中です



せっかくなので、新しい曲についてだけでも感想を残しておきたいなと思います。

あくまでも個人的なものですが・・・



まずは

DREAMER

物語のプロローグを告げるのにぴったりな、新しい世界への船出を思わせるような壮大な曲。
正直、薮くんがここまで素敵な歌詞を完成させてくれたことに一番驚きました
これまでの、彼の曲にはもっと身近なフレンドリーなものをテーマにしたものが多かったように思っていたので、こんなにも壮大な世界を表現できるなんて・・・
「泣き顔の帰り道・・・」でのフレーズと彼の声に一瞬で心を掴まれて、泣きそうになってしまいます。
SUMMARYでのオープニング、この曲と共に始まるstoryに胸が高鳴ってきそう・・・




INFINITY

お友達も書かれていたけれど、この曲を聴くと、銀河鉄道を連想します。
先ほどのDREAMERが船出なら、こちらは銀河鉄道に乗って、無限の宇宙に旅立つような、そんなイメージです。
以前電車男で使われていたELOの「TWILIGHT」にも少しイメージが似ているからかも。
慧くんの奏でるシンセサイザーの音がそのイメージをかき立ててくれます。
自分に対してストイックで、自分をもっともっと高めたいと思っている、光らしい歌詞だと思いました。



瞳のスクリーン




真紅

ミステリアスで、情熱的なメロディー。
Bメロ歌いだしは多分大ちゃんと裕翔のユニゾンかな?
ちょっと珍しい組み合わせかも。
涼ちゃんの詞が切ないです・・・
お友達と同じく参考文献が知りたいな。



ガンバレッツゴー!

イントロのイメージだけだと、今度はロケットに乗って地球から飛び出していってしまいそうなイメージ!
7のフレッシュな歌声と、覚えやすいメロディーで、アイドル路線の王道といった感じ。
こういう曲を爽やかに歌い上げることにかけては、彼らが一番だと思っています♪



情熱JUMP




すまいるそんぐ

ジャジーなピアノのイントロが印象的です。
龍太郎の鳴らすタンバリンもリズミカル!
個性を大切にしようよ!というちぃのメッセージが押し付けがましくなく、サラッと伝わってきて、そんな部分にもちぃらしさを感じました



Memories

これまで、コンサートの終盤にこの曲が流れ始めると切なくなっていましたが、こうしてアルバムに収められると、逆にホッとするような、懐かしいような気持ちを抱いています。
彼らのホームのような・・・そんなイメージです。



Dreams come true




Time

大ちゃんの好きな洋楽のエッセンスがピリっと効いていて、とっても新鮮なイメージ!
この曲をKUT-TUNが歌っていてもおかしくないような・・・
雄也も大ちゃんもこんな大人っぽい素敵な曲を作れるなんて・・・(涙)
最近思うのですが、今の若者のポップスセンスは素晴らしくて、昔なら洋楽と邦楽の違いがすぐ分かったのに、今は見分けがつかない程で、それだけ感性が磨かれているのだなと感心することが多いです。
そして、今回強く思ったのは、比較的高目の甘い声の持ち主の多いJUMP内では、低くて男っぽい雄也の声がとっても貴重で、全体のイメージを引き締めてくれているということ。
明日の少クラでのパフォーマンスが楽しみです


Score


Your Seed


アイ☆スクリーム

初めて聴いたときに感じたのはアジアンテイストが濃いなと
中国太鼓も使用しているようなので、そのせいかもしれませんね。
JUMPの曲って優等生的なイメージが多いからこういった遊び心満載な曲は大歓迎
ラップの畳み掛けるようなテンポが心地よいです
楽器も圭人のギターだけでなく、トランペットや、胡弓も使ってるみたいで、その音を聴いて聞き分けてみるのも楽しいです。
ところで、思ったんだけど、慧くんって意外とラップはまってるかも(誰に聴いてる?)
光の頭の中には、きっとまだまだやってみたいことがたくさんあるのでしょうね。
彼の才能の豊かさには本当に驚かされます。
今後もどんどんその手腕を発揮してもらいたいと思います。


真夜中のシャドーボーイ


Dash!!

最高のロックチューン!
初めて聴いたときにはただただ涙でしたけれど、今は聴いているとじっとしていられないような、今すぐにどこかに飛び出していきたいような衝動に駆られます。
きっとこの曲を聴いて勇気をもらう方は多いはず
薮くんが、ロックになると歌い方を変えていることに初めて気付き(今頃ごめんね!>薮くん)、やっぱり彼は歌が上手いなあと改めて思いました。
この曲については先日も書かせていただいてるので、このくらいで・・・
じゃないともっと長くなってしまいますから


Ultra Music Power

言わずと知れたJUMPの代名詞のような曲



Thank you 〜僕たちから君へ〜

彼らの想いが歌詞からもメロディーからも溢れ出しています。
聴くたびに涙
涼ちゃんのソロパートの歌い方があまりに優しくて、彼の表現力の素晴らしさも再認識しました。
今からSUMMARYのエンディングを想ってしまって・・・
これだけファンへの想いをありったけ込めた曲を捧げてもらえるなんて、私たちは本当に幸せ者ですよね




アウトロのメッセージは毎回聴くたびに照れてしまいそうですけれど、きっと、聴くたびにこのアルバムを初めて手にした日のことを思い出すことができそうですね。


ジャンルも様々で、そういった部分もおもちゃ箱のようでしたが、私には彼らの声こそがおもちゃ箱のように感じました。
どの曲もメンバーが一緒に参加していて、色んなパートで「あ!この声裕翔!」「これは雄也!」と浮かんできて、次の展開がワクワクして楽しみで

とにかく、1stでこれほど完成度の高いアルバムを出してくれた彼らは自身に高いハードルを課したことにもなるわけで・・・

でも、未知数の彼らだからこそ、きっとこの高いハードルも翔び超えていけるのだと信じています



とにかくJUMPくんたち  最高なアルバムを本当にありがとう






2010年07月09日(金) by ひとみ [ Edit ]
cetegory : CD ALBUM / comments(2) / trackbacks(0) / -

1