<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012年08月25日(土) by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - / - / - / -

18歳の裕翔へ






Happy 18'th birthday dear Yuto!


ひとつ大人に近づいた君。

でも昨日と今日のたった1日では、まだ何も変わりはしないよね。

高校を卒業して、もっとお仕事との向き合い方が変わって、1人の人間としての君の対応や姿勢を求められるようになって…
その積み重ねのひとつひとつの中で君は大きく成長していくのだと思います。

だから、実はこの一年で君がとても大きく変化して、より遠くに羽ばたいて行ってしまうんじゃないか?と、ちょっぴり不安でもあるのが本心です。



でも、夏のひまわりのような笑顔、囁きかける星のような微かな憂いを秘めた瞳、みんなを笑顔にしたいと願い何に対しても真摯に取り組む姿とまるで子どものようなピュアさは、これから何年経とうとも、きっと変わらないんじゃないかと感じています。



心を込めながら胸に手をあてて歌う君の姿が好き。

ジャケットを翻ししなやかに踊る姿が好き。

いたずらっ子のようなやんちゃな笑顔が好き。

Jr.の小さな子たちにまるでお兄ちゃんのように接する君が好き。

悩んでいる子の相談にすぐ熱くなって親身になって考える君が好き。


感動するとすぐに涙ぐむピュアなハートが好き…


好きなところをあげればきりがなくて、この先君の魅力を知れば知るほどに、君の好きなところが増え続けてもっともっと君に夢中になっていく…

君がお誕生日を迎える毎に、そんな気持ちを抱ける君がこうして存在してくれる奇跡と出逢えた奇跡に心から感謝し続けます。



君の今日からの新たな一年が心からの笑顔で溢れたものとなりますように…




2011.8.10


2011年08月10日(水) by ひとみ [ Edit ]
cetegory : 裕翔 / comments(35) / trackbacks(0) / -

裕翔へ届け!

 


裕翔くん




たくさんのファンの方たちのいる中、

Fを見つけてくださって、本当にありがとうございました。

Fが裕翔くんに憧れを持ったきっかけは

タップかもしれません。

でも、

決して「タップをする裕翔くん」だけが好きなのではありません。

「裕翔くん」そのものが憧れであり、大好きなんです。


「大きくなったら裕翔くんみたいになりたい」というのは、

決してジャニーズに入りたいという意味ではありません。


裕翔くんのようにかっこいい大人になりたい


そういう意味です。



その証拠に

「Fは歌が歌えないから・・」と

Fはジャニーズを目指すことはできないことを

ちゃんとわかっています。

それでも、

「裕翔くんみたいになりたい」と

必ずこたえます。


Fが10年後、今の裕翔くんと同じぐらいの歳になった時、

Fが裕翔くんのようなお兄さんになれるように、

Fと一緒に頑張っていこうと思います。


そして、10年後のFが

「俺、生まれて初めて憧れたのが中島裕翔くんなんだぜ!」と

誇りを持って、この色紙をずっと自慢し続けるぐらい

10年後の裕翔くんが

今以上にもっともっともっっっと輝きを増して

輝き続けていると私は信じています。








Big  Bigger  Biggest!!!









2011年01月08日(土) by ひとみ [ Edit ]
cetegory : 裕翔 / comments(32) / trackbacks(0) / -

あの日の裕翔

 コメント欄にて、4日2部の日の色紙をF君に渡していた裕翔の姿をちょうど上の方のお席からご覧になっていた奈夢さんから、その様子についてお知らせをいただいたので、こちらでご紹介をさせていただきますね。


奈夢さん ありがとうございます。


「今回私も4日に参戦していて、ふむふむさん親子と裕翔のやり取りが上の席から見えていました。
その時点ではふむふむさん親子も参戦されているのを知らなかったのですがひとみさんの記事を見てあのときのことだと思い驚きました。

少しではありますがそのときの私から見た裕翔について、ひとみさんやふむふむさん親子、ひとみさんのブログをご覧になられている多くの方に伝えられたらと思いコメント致しました。


色紙を持って着席ブロック(親子席?)に向かって行く裕翔を見て、いつものように小さい子たちと触れ合ってから色紙を渡してあげるんだろうなと思っていました。それが何だか、いつもに増してとても丁寧に、語りかけるように両手で渡していて。

わたしの席から親子のはっきりした姿は見えませんでしたがなかなか色紙を受け取る様子がなかったので照れているのかなと思ったんですが、受け取ってもらったあとの裕翔もとても嬉しそうで。
そのときの様子が今まで見たことのない裕翔だったので何かあったのかと思い、終演後も気になっていたんです。

そんなことを思っていた先日、ひとみさんの記事を読みました。

あのときの裕翔は、歳の離れた弟がいるから似たような何かを感じたんでしょうか、とてもお兄ちゃんのように見えて格好良かったです。
それに今まで見てきた中で一番優しく、しっかりした表情でした。裕翔もこんな顔をするのかと驚いた記憶があります。

ふむふむさんは、裕翔を悲しませてしまったかもしれないとおしゃっていましたが、そのような様子は見受けられませんでした。
きっと裕翔自身が自分の存在の大きさや、F君の気持ちを感じたからこその表情だったんじゃないかと思います。

私はふむふむさんがハガキを投稿された回のラジオを聴いていただけで直接な関わりは何もないんですが、ひとみさんの記事のふむふむさんのコメントを見て奇跡を目の当たりにできたことをとても嬉しく感じ、とても感動しました。
あの日は、私にとっても忘れられない日です。」



奈夢さん 詳しく様子をお伝えいただきましたこと、とても感謝しています。
私からは背中側だったので、あの時の裕翔の様子をこうして教えていたけてとても嬉しいです
ブログの件も大丈夫です!書いてくださってありがとうございました




コメント欄のことで、ふむふむさんや、あんママさんや智子さん、何人かの方がご心配をしてくださっていて、とてもありがたく思っています。
私は大丈夫です!
ここはあくまで私個人のサイトです。
私が大好きな人たちの事をここにこうして書くことは自由なはずです。
どうか安心なさっていてください。
ご心配をいただいて本当にありがとうございます。




2011年01月06日(木) by ひとみ [ Edit ]
cetegory : 裕翔 / comments(14) / trackbacks(0) / -

裕翔へ


ふむふむさん 早速お返事をくださって本当にありがとうございました

こちらのエントリーで、いただいたメッセージをご紹介させていただきますね。



今日、とても素敵なメッセージを頂戴しました。

いただいたメッセージを拝見させていただいて、涙が止まらなくなってしまいました。

このメッセージを是非とも皆さんにも見ていただきたく思い、ふむふむさんにもご了解をいただきましたので、ご紹介させていただきますね。



「初めまして。

どうしても気持ちをお伝えしたくなり、メッセを送らせていただきました。

私は9歳と6歳の男の子二人の母親です。

次男は生れつき耳が聞こえません。

性格的にも引込思案で幼稚園で手遊びも踊りもやりませんでした。

たまたま今年の3月ごろに友人からHey! Say! JUMPの(08~09)DVDを借りて息子たちと一緒に見ていたら次男が裕翔くんのタップのシ−ンにすごく興味を持ち何回も見たがるようになりました。

今までテレビに興味がなく絵本やブロックで遊ぶ事が多く、こんなに何回もテレビを見たがる
のが初めてで思わずDVDを買ってしまいました。

それから毎日のように決まってタップを見続けていて、私が部屋から出てそっと戻ってみたら次男がこっそり裕翔くんのタップの真似をしていたんです。
次男が踊っている姿を初めて見ました。
私に気づくと恥ずかしそうにやめてしまいましたが、とてもうれしかったです。

それから裕翔くんの事を調べるようになって、ひとみさんのブログに出会いました。
ひとみさんのブログはとても裕翔くんへの愛にあふれていて、こんなに素敵な方に愛されいる裕翔くんは本当に素敵な方なんだろうなと思いました。

それからファンクラブにも入って、サマリーに息子たちを連れて初めて生で裕翔くんを見ました。席が遠かったのですが次男がとても喜んでいる姿を見て私もうれしかったです。

最近、運動会の練習が始まって幼稚園の先生から初めて次男がみんなの前で踊りました!と言われました。
耳のせいで歌も歌えないし音に合わせて踊る事も難しいから無理だとあきらめていた私は涙が
でるほどうれしく、これは裕翔くんへの憧れの気持ちが次男を動かしたのかもしれないと思いました。

裕翔くんにとって私と息子はただの1ファンでしかないですが私たち家族にとって裕翔くんは希望の光です。
次男が生まれてからたくさん悔しい涙を流しました。
でも裕翔くんを知ってから次男は少しずつ変わってきて私があきらめたり勝手に限界を決めてしまっていたことに気づきました。

裕翔くんに本当に感謝しています。
この気持ちを裕翔くんに伝える事はできない事はよくわかっています。
でも裕翔くんを愛しているひとみさんにはお伝えしたいと思ってしまい、長々と突然のメッセ申し訳ありません。
これからも裕翔くんとひとみさんを応援しています。」




ふむふむさん

本当にありがとうございました。

こんなに素敵なメッセージを私に送っていただけたこと、とても嬉しかったですし、本当に光栄に思います。


次男さんが裕翔と出逢ったことによって少しずつ変わっていかれた事、もしよろしければ是非ともお手紙などの形で、裕翔自身に伝えてあげて欲しいです。
次男さんの事を裕翔が知ったならば、どんなに喜ぶか知れません。
きっと彼の心の強い支えになると思います。

裕翔は常に真っ直ぐに全力で私達に応えようとしてくれます。
遠くにいるファンにも必ず声をかけたり、必死でウチワのメッセージを読み取っては応えようとしてくれる子です。
そして、そのことを無上の喜びだと感じてくれる子です。

まだまだ幼い部分もある裕翔ですが、少年の心を持ち続け、いつも一生懸命なそんな裕翔だからこそ、次男さんの心に何か響いたのかもしれない・・・そんな気がしています。

裕翔だけに限らず、JUMP君たちは、単なる1人のアイドルだけど、それだけではない、たくさんのパワーを注いでくれる大切な存在だと思っています。

そして、そんな彼らのパワーの源の1つは、私達だとも思っています。




私事ですが、実はここ最近少しネガティブになっていました。
このブログを始めるにあたり、裕翔自身の魅力を知っていただきたいという想いと、彼らを取り巻く環境の中で、あまりに噂などが多いため、少しでも正確な情報をお伝えすることによって、噂に左右されたりしない、いつでも彼らをしっかりと受け留めることのできる強いファンの和を繋げたいという想いでスタートしました。

ですが、情報についてのみの需要で、裕翔自身についてや私個人の感想などは必要とされてないのではないかな?と、疑問にも想い、少し虚しさも感じ始めていました。

ですが、もし、このブログから裕翔自身の魅力について、JUMP君たちの魅力について、少しでもお伝えできているのであれば、ブロガーとしてこんなに幸せなことはありません。

ブログを続けていて良かったと心から思えました。
ふむふむさん 私自身もとても励みになりました。

私が今出来ることを、出来る範囲で続けていきたいと改めて想いました。
私もこの気持ちをふむふむさんにお伝えしたいです。

本当に、本当にありがとうございました

これからも次男さんもふむふむさんご自身もご一緒に彼らを応援していけたなら嬉しいです。




どうか、裕翔にふむふむさんの想いが伝わりますように・・・









2010年09月17日(金) by ひとみ [ Edit ]
cetegory : 裕翔 / comments(30) / trackbacks(0) / -

サプライズ!

簡単に裕翔バースデーコーナーのメモ書きを。

一部、

ジュニアたちとJUMPくんたちでWAになって踊ろうを歌い終わった後、薮くんがステージ中央に立ち、『裕翔、ちょっとおいで』

裕翔『え?何?何?』と不思議そうな顔で薮くんの元へ。

薮くん『ミュージックスタート!』の合図てハッピーバースデーが流れ、ケーキが登場。

ケーキは大きな長方形型で、ブルーと白のクリームで飾られ、サマリーのロゴと、上には大きなブルーのチョコに『Happy birthday YUTO』

裕翔はその場で膝を抱え込み泣き出します。

どこからかバースデーケーキ型の帽子が登場し裕翔の頭へ。 しばらく感動して涙が止まらない裕翔。
雄也と光がろうそくに火をつけてくれ、薮くんの『せ〜の』で、会場全員でハッピーバースデーを歌い、ろうそくを吹き消す裕翔。会場から拍手がおきます。
『ケーキを食べて』と促され、ブルーのハートのチョコをかじり、口の中がブルーになる裕翔。

『誰だよ水色にしたの〜?』の声が。

薮くん『17歳になってどう?』と聞かれるも『こんなの考えてなかったから…』と言葉にならない裕翔。
裕翔「実感ないけど・・・」

二回聞かれて、やっと『皆さんにどんどん伝えていきたいです』と、答える裕翔。

ヘッドホンを預かってくれていた涼ちゃんが裕翔の首にかけてあげてハグ。

薮くんが裕翔の頭をクシャクシャっとしたり、光が泣いてる裕翔の肩を組んで歌ってくれたり、メンバーがみんな祝福してくれて、
薮くん『今日の主役は裕翔だから。Hey! Say! YUTOだな!』と言ってくれました。
ラスト、Thank youを歌い始めると涙が頬を伝い、鼻まで赤くなってしまうくらい感動して泣いてる裕翔。

最後には
『今日は本当にありがとうございました。素敵な思い出になりました!』と挨拶し、深々とお辞儀をしていました。


いつもより一際裕翔への歓声が大きく、あちこちに見える裕翔へのウチワに微笑んだり、お辞儀をしたり、始終幸せそうな裕翔を見る事が出来、今日も裕翔からたくさんの幸せをもらいました。


裕翔、本当に良かったね!

まだお伝えしたい事はあるのですが、今夜は明日に備えてそろそろ休みます。

おやすみなさい☆
良い夢を…


裕翔 おやすみ☆


そんな素直な君が大好きだよ!




2010年08月11日(水) by ひとみ [ Edit ]
cetegory : 裕翔 / comments(10) / trackbacks(0) / -

1